豊島マーチング委員会は 豊島の地域を元気にします。

豊島マーチング委員会とは

「豊島マーチング委員会」による地域活性化を支援する活動です。
豊島区の身近な風景をイラストにして
区民が地元を自慢できるコミュニケーションツールになること、
また、地元に限らず、多くの方々にさまざまな角度の豊島区を
知っていただくことを目的としています。
「文化と賑わいの街並み」豊島マーチング委員会ロゴマーク

※「豊島マーチング委員会」のマーチングとは、「まち+ing」とし、地域の街づくりを意味しています。

全国に広がるマーチング委員会

 「マーチング委員会」は、地域に根ざした情報サービスを行いながら地域の相互(互恵)情報の受発信を支援し、地域の住民・商店・企業の活性化促進を支援するプラットホームを目指しています。
はじまりは、2008年にスタートした街おこしプロジェクト、「湯島本郷百景」を進める湯島本郷マーチング委員会です。そのユニークな活動はNHKをはじめ、各メディアから注目されました。
 そして、2011年6月17日、全国組織としての「マーチング委員会を設立し、同時開催の「マーチングXPO2011」が大きな反響を呼びました。現在、その"こころざし"に賛同する30余りの街でマーチング委員会(約70社)が活動しており、百景という市民の共感を地盤にアイデア溢れる街おこし事業を構築、そのノウハウを共有し高度化していく世の中に先駆けて実践する、印刷情報コミュニケーション事業体を目指し、ネットワークを全国に広げつつあります。

※一般社団法人マーチング委員会資料より引用

マーチング委員会(地域)の主な活動

  • 1. 地域のまち並みイラストの企画制作
  • 2. イラスト展示会の開催
  • 3. イラストを使用したコミュニケーションツール等の企画製造販売
  • 4. 地域行政・自治会町内会等・教育機関・企業・商店と地域自慢企画の協業活動等
  • 5. 全国大会・マーチングEXPO展でのイラスト展示
  • 6. 地域生産地からの農産物販売支援・出荷支援・広報支援
  • 7. 地域振興・観光振興・商業振興・農林水産振興の支援
  • 8. 本来の「日本を取り戻す」小学校教育の支援事業活動

イラスト一覧

素敵な風景を豊島区を中心に選抜し1枚の心温まる水彩画
(イラストレーター上野啓太さんの素晴らしいイラスト)にしました。

  • 豊島区庁舎(都電、サンシャイン60)

     平成27年5月に南池袋2丁目に新庁舎が誕生いたしました。池袋の象徴でもあるサンシャイン60と並ぶ景色は圧巻です。また、都内唯一の都電と写る姿は豊島区を代表する景観の一つです。

  • 立教大学(池袋キャンパス)

     歴史を感じる赤レンガ造りのモリス館と、現代的で美しい建物が調和する立教大学池袋キャンパス。緑豊かな校内はいつも学生でにぎわい、都会らしい活気が感じられます。

  • 南池袋公園

     池袋のビルの合間に広々とした芝生が広がる緑豊かな公園です。園内にはカフェレストランも営業しており。ランチタイムやデートコースとして、また遊具もありお子様とご一緒でも楽しめます。

イラストをもっと見る
イラストをもっと見る
イラストをもっと見る
イラストをもっと見る

オリジナルグッズ

  • 名刺

  • ポストカード

  • マグカップ

  • 不織布ファイル

  • 缶バッジ

  • Tシャツ

03-3947-5511